人気ブログランキング |

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:軽井沢のようす( 195 )


夏の終わり。
もうほぼ初秋。
やっと忙しい感じが落ち着きだすといろんなコンサートなどに気が惹かれ出す。
先日は知り合いが企画したピアソラのコンサートに出かけた。

b0101300_11101801.jpg

場所は
明治30年に設立されたユニオンチャーチ
建立100周年は去年だった。
大空間を支えるトラス構造は
アメリカ人のウィリアム・メリル・ヴォーリズによる設計
日本人大工の小林さんがそれに応えた

b0101300_11091467.jpg


ここでは叔父が挙式を挙げ、祖母の告別式をした。

暮れゆく室内に、市松柄に配置された窓が浮き彫りになる


b0101300_11095368.jpg

b0101300_11093217.jpg

聖書越しに望むステージ
歴史いっぱい、想い出一杯の場所で聞く
ノスタルジックなピアソラは情感が倍増された

      *

バンドネオンとピアノの編成が基本のピアソラだが、
今回は
ピアノとヴァイオリンとチェロ、だった。

チェロのふくよかな音色、ヴァイオリンの奥行きある音色
二人をおおらかに受け入れる松村さんの人柄がにじむ美しいピアノ

聴き馴染んだピアソラがまた違って聴こえてきた

あっという間の二時間で、
アンコールを2曲も演奏して下さったのに
ずっと終わらないで欲しかった。

3人の意気がとても良かったのだ。
また聴きたい。

b0101300_11100277.jpg

b0101300_11101256.jpg

あんまり感激して
帰りに小林酒店で買ったワインは
いつもより奮発してしまった。















by lavvoronte | 2019-08-28 12:43 | 軽井沢のようす

異様な落葉

b0101300_13522501.jpg
今にも降り出しそうな曇り空が続いている
軽くひと月は経つ

初めは野薔薇だった
その次は道端を埋め尽くすようにコブシの葉が落ちていた
それをやっと掻き終わったかと思ったら
今度は山桜だ
バッサリと、やる気を失ったかのように
25年来の異常な天候
掻いているそばから頭に降り落ちる











by lavvoronte | 2019-07-22 14:03 | 軽井沢のようす

あなどるなかれ

b0101300_10204592.jpeg
極暖のヒートテックを上下に着て
上にはウールのタートルネックを来ている
7月上旬の今日の軽井沢

これでいたって例年通り
さすが標高1000m
都心から一時間に移動時間は短縮出来ても
山は山
あなどるなかれ梅雨の軽井沢











by lavvoronte | 2019-07-06 10:19 | 軽井沢のようす

「THE」軽井沢

いつも「サパ」でお世話になるシェフのホーム
ハウスオブ軽井沢にてランチ
b0101300_14064239.jpg


b0101300_14064898.jpg


b0101300_14065954.jpg


b0101300_14070781.jpg
歴史ある静かな別荘地に佇む隠れ家レストラン
長年手をかけ愛情を掛けられ守られた緑の空間は
正に「THE」な軽井沢
緑に囲まれ慣れている地元人をも魅了します

b0101300_14065483.jpg


b0101300_14071327.jpg
【鯵のエスカベッシュ】
望月産の紫玉ねぎとコリアンダーシードのアクセント。
角がないのに確実に効いている穏やかながら絶妙の酸味。
これはフランス産のフランボワーズビネガーのお陰だそう。




b0101300_14071963.jpg
【ジャガイモのポタージュ】
お、なんだ?と思った正体は夏蜜柑
蒸し暑いこの時期にもこれを合わせる事で重たくなりがちなジャガイモのポタージュを爽やかに仕上げている



b0101300_14072566.jpg
【牛のステーキ】
お昼から、贅沢にも!
こちらのソースに使っているマスタードも拘り物
ランチでも食べやすく味の組み立てが計算されつくしている

b0101300_14073654.jpg
【デザート】
看板の自家製プリン
大きめのポーションは心おきなく心残りなくこの味を堪能できるサイズ

これで2700円(税込)



これからの時期は、こちらのお庭の百合が実に見事です。


b0101300_14073156.jpg












by lavvoronte | 2019-07-04 14:12 | 軽井沢のようす

体験談

b0101300_15480377.jpg
思いの外晴れ間が長引いてくれている
お陰でお店の前を散歩する方もちらほら
この春から高崎へ赴任になったという通りがかりのお客様
高崎は暑過ぎて休みのたびに毎週軽井沢まで昇ってくるという
地元はさぞ涼しい所なのかと尋ねると
茨木の海岸沿いだという
茨木の海岸沿いといえば津波の被害があったのではと尋ねると
2m位の津波だったが、避難した高台から眺めていたが
実際には2~3倍位の高さに見えたという
こういう体感は
体験した方からしか伺えない















by lavvoronte | 2019-06-20 16:10 | 軽井沢のようす

異国の風

b0101300_16120931.jpg

三年も連続で訪れていたバルトへ今年は行かない。
この7月15日に大賀ホールでの地唄舞の公演を企画したからだ。

確か昨年の事だったと思う
鉢植えだった野バラを垣根にしようと店横の小さいスペースに地植えした
そのバラが良く育ち倍ぐらいのボリュームになった。
計画通り垣根になるよう絡みを直していた時
そよ吹く風が遠くバルトの空気を感じさせた

今朝、起きて窓の外を見ると
愛猫が飛び跳ねていた。また何かを捕獲している最中なのだろう
窓を開けて呼び掛けてみた時、またしても遠くバルトの風を感じた

理由は風だった。
そうです。日常においてずっと外気にさらされている
なんてことに身は置かないのです。
しかしながら旅先では主に外で過ごす。
一日中家の中なんて勿体ないことはしないのだ。
答えは風の中
ならぬ、外に居るということ

この気持ちの良い季節
なるべく外を味わってみよう
風に吹かれよう
そう思うと、広い駐車場の落ち葉かきも
道路掃除も腰の痛さは変わらねど
今年は味わえない旅先の空気が感じられるはずだ


b0101300_16042359.jpg
チケット販売中です。



by lavvoronte | 2019-05-09 16:18 | 軽井沢のようす

春の一日

b0101300_11200355.jpeg
いつも座っているカウンターの正面の窓から見える紅葉は日毎の季節の移りを知らせてくれる。この時期は若葉の大きさが毎日違う。今日は風も優しくて背中側の窓からは遅咲き過ぎて気付かれない山桜が見事に咲いている。
b0101300_11201878.jpeg

by lavvoronte | 2019-05-09 11:25 | 軽井沢のようす

6月

b0101300_20384883.jpeg
梅雨を前にして梅をたくさん頂きました。
コンテナひとつ。
洗うだけでも一苦労。家中のザルを総動員も足りず全部で8ザル。
冷凍してから梅ジュースを作る予定です。

部屋中に梅の香りが充満しています。











by lavvoronte | 2018-06-01 20:43 | 軽井沢のようす

寒い春

b0101300_14112075.jpg
三日ぶりに薄日が差した
一度開いた毛穴に3月並みの気温は厳しく何を着たらいいのか分からない
これで少しはほっと出来る気温になるのかと思いきや
勢いよく雨が降ってきた
とおもったら一瞬で雹になった
どれくらい積もってしまうのか
畑の葉物の被害、
やっと広がり出したまだ柔らかい青葉
そんな影響を考えているうちに間もなく止んだ











by lavvoronte | 2018-05-10 14:16 | 軽井沢のようす

紅葉が見頃です。

9月を待たずに色づきだした気の早い紅葉
一月半を経て、今が見頃です。
うっかりしていたら銀杏並木は黄金いろになっています。
雨の日が多く、気温も低いので温かくしてお出かけ下さい。
雪虫も飛び出しましたのでそう遠くないうちに
軽井沢は冬になるでしょう。

by lavvoronte | 2017-10-19 14:17 | 軽井沢のようす