森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:お店のようす( 147 )

b0101300_12505074.jpg

肌寒く感じるほどに夏を脱ぎ去った軽井沢の秋の宵
本日のサパディナーは
野菜のフルコース

b0101300_12244389.jpg
ご用意したワインはシャルドネとボルドー

b0101300_12254979.jpg
左上はアンデスレッド(芋)、その手前柿色のトマト、マッシュルーム、スパイスはガラムマサラ

b0101300_12260990.jpg
皮ごと蒸したとうもろこし

b0101300_12262714.jpg
広島のモッツァレラチーズ

b0101300_12263609.jpg
左からマカデミアンナッツ、クルトン、カリカリベーコン

b0101300_12265691.jpg
こちらも広島のシェーブルチーズ

b0101300_12270227.jpg
プルーン

それぞれの素材をどのように組み立てるのか
楽しみです

b0101300_12343597.jpg
本日はメニューの書き方も独特
メニュー名ではなく、それぞれお皿に乗る素材をご案内

b0101300_12351434.jpg
夜の部もジュンさんのサングリアブランカは大好評


冷たいお皿 三皿でスタートです
b0101300_12352978.jpg
始めに、トマトとモッツァレラチーズ

お次は、ナスとミョウガと隠元
b0101300_12523794.jpg
ナスと隠元とミョウガだけでなく、ズッキーニといくらまで。
一つの器に入りますが、素材を一つ一つそれぞれに下処理します
隠元には白みその隠し味ソースを纏いました

b0101300_12530011.jpg
ナスとミョウガと隠元。




三皿目
b0101300_12533998.jpg
隠元と山羊のチーズとナッツ

お料理に合わされているチーズは赤ワインの搾りかすで周りを覆い風味づけした
さっぱりした牛のチーズ(クリームチーズの様)とクルトン、胡瓜。
お皿の隅っこに鎮座させられているのが山羊のチーズです




ここでお腹を温めます。
b0101300_12541497.jpg
削いだ蒸したとうもろこしにバーナーで焼き目を付け
細かいクルトンと、オリーブオイルをさっとひとまわし
b0101300_13243874.jpg
とうもろこしのポタージュ


ここから温かいお皿
b0101300_12544804.jpg
人参2種が今フライパンでソテーされています
真ん中のフライパンではプルーンをソテーにします
左の鍋はソースです
ヨーグルトとガラムマサラなどで作ります

b0101300_12550819.jpg

b0101300_12552330.jpg
ビーツと人参の葉をそえて出来上がり。


最後のお皿
b0101300_13221180.jpg
アンデスレッドに美味しい焦げ目をつけます。

b0101300_13261514.jpg
フォンドボーのソースです

b0101300_13225679.jpg
マッシュルームとカリカリベーコンも加わりました。

b0101300_13234894.jpg
彩りに黒オリーブのパウダー、ハーブ
最後にフォンドボーのソースをかけて召し上がれ。

どのお皿にもたくさんの種類の野菜
一回の食事でこれだけの種類の野菜を食べられるのは
とても貴重な体験でした
ひとつひとつの素材を丁寧に調理しました
いつもよりも3倍手間がかかったそうです。
ごちそうさまでした。


シメは大人気の自家製プディング
今日も大サービスの大き目サイズ。
写真撮り忘れました。ごめんなさい。


次回は
今年最後のサパです













[PR]
by lavvoronte | 2018-09-15 13:36 | お店のようす

SUPPER 2018 秋(9/11) lunch

~ふた月に一度のレストラン~

前回から文字通りふた月が過ぎた
きちんと終わりを迎えるのかと心配になるほどに焼き付いた夏
すっかり空気は入れ替わり最高気温が20度に届かない
しかし強烈な暑さの勢いは
この土地にまだ賑わいの余韻の尾を引かせている

雨の多い第二火曜日
本日かろうじて雨は降るのを我慢している
b0101300_14570097.jpg
ランチのメニューは
前菜、鰆のエスカベッシュと信州サーモンのスモーク
主菜、魚はカマスのポワレ、肉は鶏もも肉のロースト
デザートは巨峰と巨峰ジュレとバニラアイス
セットのワンドリンクは、サングリアブランカ(ノンアルも有り)


b0101300_14571495.jpg


b0101300_14572459.jpg

b0101300_14583082.jpg

b0101300_14582607.jpg

b0101300_14572839.jpg
シェフの本店の方をご利用頂いているお客様
普段、厨房の様子は壁の向こうだが
ここではシェフの手元を間近に見られると興味津津
私も毎回興味津津

b0101300_14571806.jpg
ジュンさんお手製のサングリア
フルーツたっぷり
コアントローが隠し技
いつもより酔ってしまうのはそのせいです

b0101300_14580477.jpg
たくさんならんだ前菜のお皿


b0101300_14575588.jpg
お客様のもとへ


b0101300_14575908.jpg
届きます


b0101300_14582297.jpg

b0101300_14574382.jpg
いつものコンビは息もぴったり


b0101300_14581375.jpg
お魚の主菜


b0101300_14581805.jpg
お肉の主菜


b0101300_14574746.jpg
デザート


b0101300_14570483.jpg
本日満席。大盛況。
ありがとうございました。













[PR]
by lavvoronte | 2018-09-14 16:23 | お店のようす
GW明けてまもなく、今シーズン1回目のサパを開催しました。
b0101300_16173717.jpg

軽井沢らしい霧の立ち込める少し涼しすぎる中
b0101300_16200243.jpg
ランチのメニュー


出番を待つのは
b0101300_16190261.jpg
メインの豚です

b0101300_16215346.jpg
ジャガイモとベーコンとチーズのキッシュに


b0101300_16215991.jpg


その他、盛り合わせいろいろ
b0101300_16301079.jpg







b0101300_16221562.jpg

b0101300_16223657.jpg

b0101300_16222971.jpg




最初は
b0101300_16241424.jpg
お芋のポタージュ
キャベツやニンジン、玉ねぎ、鶏のスープ
全てがチームワーク良く一つにまとまった
濃厚でありながら口当たりのなめらかな さすがの逸品

お料理です
プレートに盛り込まれたのは
b0101300_16263906.jpg
グリーンサラダ、ワイン葡萄漬けのチーズ、キャロットラぺ
キッシュ、豚のソテー、自家製のパン


b0101300_16291963.jpg

b0101300_16292979.jpg

b0101300_16300158.jpg
9年目のサパです。
今年もよろしくお願いいたします。
















[PR]
by lavvoronte | 2018-05-10 16:32 | お店のようす

SUPPER+ 2017/11/15 dinner

まず食材のご紹介
b0101300_14091608.jpg
b0101300_14092725.jpg
b0101300_14093886.jpg
b0101300_14110250.jpg
b0101300_14115623.jpg
b0101300_14130297.jpg

では、前菜
牡蠣のキッシュとサヨリと下仁田ネギのサラダ仕立て
と、バターナッチカボチャのポタージュ
b0101300_14160302.jpg
b0101300_14171732.jpg

二皿目は
白子のポワレとスイスチャード
b0101300_14193044.jpg
バターとケッパーのソースです



メインの信州牛、焼く前に肉の温度を調整します。
b0101300_14214074.jpg

b0101300_14233684.jpg

b0101300_14245158.jpg
美しいお皿になりました

お肉NGの方はクロムツのポワレです。
b0101300_14264760.jpg

最後のデザートです。
季節のフルーツのショートケーキです。
b0101300_14283384.jpg




番外編


b0101300_14330117.jpg


b0101300_14342625.jpg
b0101300_14341815.jpg


 
  
b0101300_14343822.jpg
 
b0101300_14333134.jpg 
b0101300_14340247.jpg
b0101300_14344956.jpg 
b0101300_14345372.jpg

b0101300_14350201.jpg

b0101300_14372681.jpg


[PR]
by lavvoronte | 2017-11-17 14:38 | お店のようす

SUPPER+2017 11/15

いよいよ今年も最後のサパとなりました。
気候が暖かいせいか、そんな気がせず急かされているような気分ですが。
冬サパはシェフのホームでの開催が恒例になってきました。
シェフの素敵なホームを少しご案内します。
b0101300_13475997.jpg

b0101300_13481773.jpg

b0101300_13495469.jpg
                                      jun

b0101300_13482497.jpg

b0101300_13500557.jpg
                                      jun

ラヴォロンテの8倍の広さある、充実した厨房 思う存分にのびのびと腕を奮って頂けます。
b0101300_13521033.jpg
本日ご用意したワインです。
b0101300_13564676.jpg
                                      jun
ソーヴィニヨンブランとピノノワール、いずれも長野県産です。


メニューボードを準備します。
b0101300_13582948.jpg
                                      jun

できました。
b0101300_13380071.jpg
                                       jun
シェフホームでのお迎え
b0101300_14045402.jpg
次回はいよいよお料理の紹介です。

















[PR]
by lavvoronte | 2017-11-17 14:06 | お店のようす

秋サパ 2017 DINNER

b0101300_14185905.jpg


今宵はご縁があって
テタンジェ(シャンパン)と共に
b0101300_14194383.jpg


一皿目はサバを赤ワインビネガーでマリネしました
クスクスとともに、
b0101300_14200386.jpg


次に控えているのはイカ飯ではなく
イカ+リゾットーニ
b0101300_14215324.jpg


二色のトマトのソースに
b0101300_14202937.jpg


イカとアボカドのフリット
b0101300_14204063.jpg


イカ+リゾットーニの一皿です
b0101300_14204856.jpg


お肉は豚
b0101300_14210197.jpg


ぎりぎり火が入っているライン上
しっとりとやわらかく
噛み締めるごとに肉汁が口の中に広がります
b0101300_14211220.jpg


お肉のダメなお客様用のメインのお魚
b0101300_14212642.jpg


鰆のポワレ
彩り豊かでボリュームもたっぷり
b0101300_14214246.jpg


デザートは”鉄板”の自家製プリン
ほろ苦いキャラメルが口の中を引き締めます
b0101300_14221068.jpg


ノンアルコールの飲み物は
フェンティマンスのローズレモネードとマンダリンオレンジをご用意しました
b0101300_14221688.jpg


今宵も美味しい楽しい一時を過ごしました
b0101300_14222267.jpg



[PR]
by lavvoronte | 2017-09-15 15:04 | お店のようす

秋サパ 2017 LUNCH

b0101300_13501395.jpg


西日本は大荒れの天気
軽井沢もあまり期待できない予報
サパの日はいつも天気が気になります
今日は一日雨降りかな、諦めたら意外にも陽が差し始めました
b0101300_13310560.jpg


b0101300_13300248.jpg


b0101300_13302798.jpg



b0101300_13305904.jpg



b0101300_13303213.jpg



b0101300_13302112.jpg



b0101300_13311279.jpg



b0101300_13311842.jpg





b0101300_13304086.jpg


[PR]
by lavvoronte | 2017-09-15 14:04 | お店のようす

美しい所作

しとしとと静かな雨が、ねばり付くようだった暑さに一服の清涼をもたらしています。

さる7月19日、「地唄舞」のワークショップを行いました。
「地唄舞」のワークショップと名は打ちましたが
その中身は一世代二世代前の日本人であれば呼吸するようにあたり間に出来ていたこと
そんな捨て置いてきた習慣を地唄舞という古典芸能を切り口に
改めて新しい事を学ぶように丁寧に解説して頂きながら教わりました。

私が一番驚いたのは自分の姿勢です。
何度もしてきた正座の姿勢、先生の注意はまずそこからでした。
ご指導頂いた姿勢は、お尻には体重を乗せないという感覚が生まれるほどに上半身の前傾が必要でした。
しかしそれが傍からみると真っ直ぐなのです。
そこから考えると今までの正座は体重のほとんどを足首に押し付けており、
それはかかる負担が大きくなるはずです。歩く姿勢も然り。
この姿勢を取ると自然に両手が前に垂れこれも自然に前で手を組む形に至るのです。
「そうか、これか。」
数少ない和装経験時、取ってつけたように着物に着られている風で
違和感満載であることが私は着物が似合わないとしてきた理由でした。
着なれている方の佇まいや品、これは骨格の為で致し方無いのだろうと諦めていたものでした。
ところが「姿勢」が正しい位置に修正できれば私にもあの佇まいを手に入れる事が出来るかもしれません。
目からうろこです。

そして呼吸。
私はいまヨガを習っておりますが、一番肝心だと感じるのは呼吸です。
なぜなら呼吸は心をコントロールする事が出来るからです。
頭で落ち着けと言っても落ち着かない不安や憤りが深く静かに息を吐く事で落ち着けることが出来ます。
私はこれはヨガ特有の方法なのだと思っておりましたが、それは地唄舞の中にもありました。
現在は習わなければ忘れている呼吸法、昔の日本人には生活の中に在ったのです。

次は立ち座りの動作、歩く、この極当り前な動作の中に今流行りの体幹が鍛えられる要素があったこと。
正座の姿勢からスッと真っ直ぐ美しく立つ時に必要なのは腿の筋力と腹筋背筋のインナーマッスル
歩くときにも少し腰を落とし足を前に出す時、体幹がしっかりしていないと
意外と肩が傾いてしまうものでした。
他にも座ってお扇子を畳に置いた手を膝に戻す動作の内で乱れている裾をそっと正す
これが自然と身に着いたらどんなに美しい所作になる事でしょう。
この一連を行うだけで沢山の汗をかきました。

実際に体験をする前も、忘れられてしまった日本人の美意識を残念に勿体なく思っていたものでしたが
私自身がまさかこんなにも何も知らないとは目からうろこでした。
実に良い経験でした。

あと2回このワークショップを行います。
その中でこれからどんな体験をしていくのか楽しみです。

地唄舞 お稽古ワークショップ
日程 8/23(水)、9/20(水)
場所 新軽井沢会館(矢ヶ崎公園内)軽井沢駅より徒歩2分
時間 18時~20時
参加費 3,500円(子供2,000円)
※一日だけの参加も可能です。
※浴衣と足袋をご用意ください。浴衣の貸出しが必要な方はご相談下さい。
※舞扇子が必要になります。(3,000円程度)貸出しも可能です。





b0101300_13041024.jpg












[PR]
by lavvoronte | 2017-07-23 13:05 | お店のようす

夏サパ 2017/7/11 夜の部

夏サパ、夜の部です。
瑞々しく張りのある、いかにも旬ですと張り切っている夏野菜が準備されています。
b0101300_15474936.jpg
つやつやで美しい。

本日のメインはフランス産の仔羊
b0101300_15473960.jpg
お魚はあいなめ

b0101300_15494900.jpg

黄金色のジャガイモ
b0101300_15500144.jpg

テンションの上がる、岩牡蠣
b0101300_15492454.jpg

さすがの軽井沢でも連日暑い日が続いているので
お飲物には喉越し爽やかな冷たいスパークリングをスタートにお薦めしました。
b0101300_15482764.jpg

お呑みになれない方には、ジュンさん特製のデドックスウォーター
b0101300_15484173.jpg

前菜はお昼に引き続きスズキのカルパッチョ
レモンの爽やかさがスパークリングに良く合います。
b0101300_15483571.jpg

続いて登場は、黄金かぶのポタージュ、岩牡蠣添え
b0101300_15490349.jpg
ほどよく大ぶりな牡蠣
ほとんど生の触感でしたが絶妙な火入れがされています。
ほんのりと、しかし薄いわけではない
牡蠣そのものの味わいを濃くしたかのような味の引き出し方がさすがです。
b0101300_15491474.jpg


b0101300_15493648.jpg

続いてお魚のお皿はあいなめのポワレ
b0101300_15501514.jpg


b0101300_15502382.jpg

ケーキを切ったかの様なきりっと引き締まったエッジ
断面の美しさがより一層期待感を煽ります。
b0101300_15502991.jpg
もちろん、お味も期待を裏切りません。

さて、メインの羊さん
香りを引き出すために表面を直火で炙ります。
b0101300_15484909.jpg
狂牛病の影響を受け、ここ何年もフランス産の仔羊の輸入が停止されていました。
その間輸入されていたのはオーストラリアのものでした。
b0101300_15505607.jpg
油の風味にその特徴があり、一般的に苦手な方はそれが臭いと感じられますが
ソースとも思える華やかなこの風味、若い柔らかい肉質とのマッチングが最高で目を見張りましたが
これはやはりフランス産でこその味だそうです。
b0101300_15510757.jpg

お肉には小布施の赤ワインをご用意しました。
b0101300_15510239.jpg

締めは自慢の自家製カスタードプリンです。
しっとりとしっかりした触感の喉越しの良い評判のプリンです。
カラメルのほろ苦さが暑さにめげそうな身体を引き締めます。
b0101300_15511681.jpg
今宵もお後がよろしい様で・・・。













[PR]
by lavvoronte | 2017-07-16 15:09 | お店のようす

夏サパ 2017/7/11

夏のサパです。
いつものメンバーが揃いました。
今日も何が出るのか楽しみです。
b0101300_15141870.jpg

冷蔵庫の中で出番を待つのは
ジュンさんオリジナルのデドックスウォーター
b0101300_15260991.jpg

b0101300_15262550.jpg

本日は、
爽やかな風が通るお外席がおすすめです
b0101300_15265430.jpg
まずは黄金かぶのポタージュからスタートです。

前菜の準備です
b0101300_15273889.jpg

鈴木のカルパッチョ、夏野菜と柑橘の風味
b0101300_15275066.jpg

黄色のきれいな望月・長谷川さんの黄金丸
b0101300_15280136.jpg

今年、収穫量が少なくてなかなか貴重な更埴のあんず
b0101300_15375008.jpg
火を通して
b0101300_15280869.jpg

お肉のお皿に盛られます。
鶏のロースト、タイムの香草風味
b0101300_15282188.jpg

お魚は あいなめ です。
b0101300_15284256.jpg

ラタトゥイユが添えられて
b0101300_15284776.jpg

あいなめのポワレ
完成です。
b0101300_15285339.jpg

次回は、ディナーの部のご案内です。












[PR]
by lavvoronte | 2017-07-13 15:45 | お店のようす