森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

三度のバルト vol.5 リガ、川からの眺め (2018.6.9)

広辞苑を愛すラトビア人のツアーガイドのウギスさん
「日本にはウグイスという鳥がいますが、私の名前はウギスです」
がお決まりの枕詞
b0101300_13212063.jpg

今回はそんなウギスさんに伴われ三度目のリガで初の船下り
ホテルから船乗り場へ向かう途中有名な「自由記念碑」の説明

b0101300_13213567.jpg

女性が三つの星を掲げているそこには何が見えますか?
「・・・。」

赤ちゃんです。
この塔は花崗岩、銅で作られていますが赤ちゃんは何で出来ていますか?
「・・・。」

空です。
この塔はソ連占領時代に取り壊される危機に見舞われました。
石や金属は破壊できます。が、空は誰にも奪われません。
空は何を表していますか? 自由です。
自分が自由だと感じていれば、それは誰にも奪われません。

「祖国と自由の為に」と刻まれた独立と国家の誇りを強く表すラトビアのシンボル
絶えることの無い献花から自由に対するラトビアの人たちの想いの強さが見てとれる

三度目にして改めて刻まれるバルトの人たちの強いられた歴史


*

さて、船着き場が見えてきました
b0101300_13214598.jpg

b0101300_13220626.jpg

乗船します

b0101300_13223029.jpg

b0101300_13224492.jpg

b0101300_13230352.jpg

b0101300_13234385.jpg

b0101300_13241520.jpg

船長のアルマンズさんと、ツアースタッフのアルマンズ
こちらでは同じ名前の人に挟まれると願いが叶うんだそうです。

b0101300_13243536.jpg

舟は自由記念碑の脇を流れるカナル川から大きなダウガバ川へ

b0101300_13250687.jpg

ここでウギスさんの一言ガイド

日本では「指南する」という言葉から「南」を重視している事が分かりますが
バルトでは「北」の位置を大事にします。
次に見えてくる象はその大事な北を指しています

b0101300_13251665.jpg

さあ、旧市街地が見えてきました

b0101300_13253723.jpg

船旅はここで終了
舟を降りるとき、二人のアルマンズに挟んでもらい
旅の無事を祈ります

b0101300_13254867.jpg












[PR]
by lavvoronte | 2018-07-01 14:00 | いってきました。