「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サンマルコ広場

今から1600年前。アドリア海には、まだヴェネツィアは存在しなかった
西暦452年、イタリア北東部のヴェネト人が蛮族から身を守るために
一面芦が繁っている干潟にこれだけの街を造り上げた

下はヴェネツィアの地図
この地図からははみ出しているが左上の方向にベネツィア・サンタ・ルチーア駅がある
陸から続く鉄道の終着の駅だ。ここからヴェネツィア内の交通は運河を利用する

駅の正面が、もう運河だ。グランカナルという。
グランカナルはヴェネツィア全体を行き渡るようにその真ん中に大きなS字カーブを描いている。
と、普通の土地ならばこう表現するであろう。しかしヴェネツィアは埋め立てられた土地である
だから、この運河は描いたのではなく描き残した、という事になるのであろうか。

b0101300_14553653.png
グランカナルの流れに乗ってヴェネツィア全体を眺めながら風に吹かれていると唐突に海に突き当たる
大きな運河ではなく海なのか、と思っていると船が左の岸に近づき、そこが船着き場だった。
船を降り人の流れに沿って歩くとサンマルコ広場に出会う。
サンマルコ広場
西暦828年ヴェネツィアの二人の商人がエジプトで暴徒に襲撃を受けているキリスト教会から聖マルコのご聖体を連れて帰ってきた事を喜び建てられた教会のその前に広がる。この広い広場の三方を回廊が囲う。
b0101300_14542021.jpg
改装工事中のサンマルコ寺院
広場はこの左手に
b0101300_13035339.jpg
行きかう人、お茶を飲む人でにぎわうサンマルコ広場
b0101300_14543740.jpg
広場の両側にバンドがいて交互に演奏する
b0101300_14545630.jpg
生演奏を聴きながらなんとも優雅なブレイクタイムであった



[PR]
by lavvoronte | 2014-08-31 16:35 | いってきました。

いざベネツィア(1)

ミラノ到着5日目
いよいよベネツィアへ渡る
ミラノ中央駅で待ち合わせ、切符を買い列車に乗る
席に座り一息つくと地図や記事を取り出し
これからの計画を練る
まだ見ぬ土地へ写真や地図や記事で期待が膨らむ

車窓がだんだん水辺らしくなってきた

b0101300_15181750.jpg
b0101300_15173597.jpg
川幅が広くなり、そして線路の両側が海になる
b0101300_15185303.jpg
やがて、見えてきた
ベネツィア
b0101300_15192467.jpg
終点で降りる
古い駅構内を出口へと進む
b0101300_15192913.jpg
出口を出ると目の前に運河
ヴェネツィアだ
ついに到着

正直、ミラノはパリとの違いがいまいち薄く
ここがどこなのか、京都と仙台くらいにしか違いを感じられずに旅をしていた
しかし、ベネツィアはちがった
まさに、ベネツィア、と言った感をたっぷり味わっている
b0101300_15194575.jpg
まずは宿泊先の近くまでグランカナル(大運河)を船で下る
b0101300_15201100.jpg
b0101300_15202410.jpg
b0101300_15203213.jpg
b0101300_15213378.jpg
海へ出た
ここで船を降りる

ベネツィアの旅がはじまる。



[PR]
by lavvoronte | 2014-08-19 15:39 | いってきました。

立秋といえど

昨日は涼しくて薄いニットを羽織るほどだったのに、今日は一転して暑い。
10日ほどぐずついていた雨の水分が一気に蒸発しているように蒸し暑さ尋常でない。
けれども、3時に近づくにつれて
風が吹き、それが徐々に爽やかに、そして涼しい風になってきた
ん?雷鳴?
今日もひと雨降るのかな。
b0101300_15594787.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2014-08-18 16:16 | 軽井沢のようす

Waltz

ずっと行ってみたかったお店が恵比寿に移転しました。
スタンディングのワインバーになって。
初めての人は絶対辿り着けないという前評でしたので
入念に下調べをして準備しました。
けれど、案内なしではやはり辿り着けなかったでしょう。
b0101300_13271317.jpg
マンションのアプローチ、と思っていたこの石畳の小道がお店へのアプローチでした。
b0101300_13271926.jpg
都会にしては街灯の少ない、きちんとトバリの降りた一角に
入口の照明が看板替りになっています。
入るとすぐにカウンターで、5人並べば満員という印象を与える広さ
b0101300_13275860.jpg
店内の照明は極少量に抑えてます。
食べ物のメニューは鏡に書かれた3種類とチーズだけ。
b0101300_13325124.jpg
パテドカンパーニュ
本日のハム
ケーキサレ
チーズ

三人で伺った私達はラッキーにも全種類を食べる事が出来ました。
なぜラッキーかと申しますと、その取分けの量が一人分からかけ離れていたからです。

パテドカンパーニュ
右上に移っているフォークはケーキフォークではなくテーブルフォークですよ?
サイズ感、間違うでしょ。
b0101300_13281832.jpg
ケーキサレ
b0101300_13281414.jpg
それと、本日のハムを注文しました。
いずれも量に騙されたのではなく、味そのものがとっても美味しかった。
私はケーキサレのサックサクふんわりの触感に感激でした。

もっと感激だったのはワインです。
b0101300_15571219.jpg
一杯目、カオールだったかな?


そして2杯目のこれ!
b0101300_13282510.jpg
これも確かカオール。。。。
口に含むと7色に変化して若干の発砲を感じるようで、
子供のころ食べたぱちぱちパンチを思い出しました。。。(残念な表現しかできず申し訳ない)

とっても美味しくて楽しくてもう一杯おかわりしました。

7月の台風が接近した夜でしたが、
美味しくそして無事に帰宅。

またあのケーキサレと2杯目のワインに会いたいな。
b0101300_13272575.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2014-08-17 16:28 | いってきました。

<森章子> アルパカ



最初の出会いは2年前


その年、森さんは窯の中ですてきなものに出会いました。


b0101300_14410481.jpg
「今年は素敵な出会いがありました」

という便りが届き、森さんの素敵なものにお目にかかれるのを楽しみに
その年の森さんの個展に出かけて行きました。
そこにこのアルパカちゃんが静かに待っていてくれました。

大きなぶ厚い扉を開けたら暗い窯の中に、つやつやの瞳を輝かせて、
こんな大きな物体と目が合う心境って、どんな感じでしょうか。

こんなアルパカちゃんがお家にいて、毎日目を合わすって
どんな感じでしょうか。

しばらく、ラボロンテにいます。
ぜひ、会いに来て下さい。
b0101300_14411762.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2014-08-04 15:10 | 陶器もの