「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

折り返しを迎えたサパ
本日も実にいい天気だ
b0101300_14504126.jpg


夏明けで宣伝が行き届かず
ランチはシェフと豪華なまかないを堪能してしまった・・・
そうこう行っているうちに雲行きが妖しさを醸してきた
b0101300_1585581.jpg

いかん、初雨か
そこも気にかかったが、夜の予約も芳しくないことも頭をよぎる
カチ、カチ、カチ、、、シェフとの静かな時間が流れる

すると人数変更の知らせが!
急いでセッティングを変える。
ひと段落して、シェフが夜の仕込みの為家へ戻った
そこへまた人数変更の電話が!
おっと最初の倍になった
マックスだ☆
大慌てで商品を片づけセッティングを総変更。
b0101300_15363151.jpg


そんなこんなで迎えた夜の部

今回はボルドー地方。
ワインは
b0101300_15342055.jpg

メニューは
b0101300_153446100.jpg

最初の
b0101300_15414466.jpg

依田さんちの下仁田ネギと鮎のテリーヌ、
ヴィネグレッタソースで。

ふた皿目のお魚
b0101300_15415924.jpg

五島列島の赤ハタを白ワイン蒸しに
白ワインソースで。

さくさくと三皿目の紹介です。
b0101300_15375615.jpg

三皿目は高価でなかなか手が出ない
(原価割れです!)
国産牛のハラミ(ヴァヴェット)
b0101300_15395119.jpg

ステーキにして赤ワインソースで。

今回初参戦のワインクーラーホルダー(?)
b0101300_15423186.jpg

毎夏、ルヴェールにて作品展を開催される
鉄作家の青山さんの作品です。

さて、最後のお皿はもちろんデザートです
b0101300_15444116.jpg

白ゴマと茄子のブリュレ、アイスクリーム添え
ココナッツのように見える細切りされた白いものは
なんと生姜をドライにしたものです。
とてもいいアクセントになってました。


夏の疲れを残す中
なんとか乗り越えた5回目のサパ
残すところあと二回となってしまいました。
どうぞみなさまお出かけください。
b0101300_15471865.jpg

   ※次回のサパは
     10月17日(水)
     です
[PR]
by lavvoronte | 2012-09-22 15:55 | お店のようす

すわへ

軽井沢を立って2時間ほど
長い峠道をギアを一つ下げて慎重に下っていくと
右側にちらちらと諏訪湖が見え隠れする
なかなか全容を現さない
この勿体ぶった誘われ方に自然と気分が高められてゆく

坂を下りきる少し手前
町の入り口にさしかかると今度は左側に
 「どん」 、と大きな鳥居が現れる
b0101300_13233597.jpg

諏訪大社(秋宮)かぁ。

12、3mは優に超える杉でつくり出される天井
ここだけ空気がしんとしている

知らずに起こるこの恭しさは何から呼び覚まされるのか

まっすぐに延びる杉の神聖さを際立たせる木肌の縦筋のせいだろうか
ほどよく陽光を遮る杉の葉の清々しさのせいだろうか

入り口に設けられた水場で日常を洗い流し答えを探るように境内へ入る
b0101300_13361843.jpg


長く長野県人をやっているがここを訪ねるのは初めてだ
初めてをかみしめるべく
先程の答えを探すべく
心を澄ましてゆっくりと歩く

程よい大きさの社殿と境内
諏訪湖の大きさととてもバランスがとれている

四方を開け放ち訪れる参拝者を静かに迎える
b0101300_1352265.jpg


そこを右手に回り込んでいくと御柱が奉納されていた
b0101300_1355951.jpg

死者を出すほどの思いをして伐り出された樅
帰り際に見た木落としの坂は思っていた以上に急だった
片隅に控えめに立っていたが
無言で気迫を訴えているようで胸がつかえる思いがした

その隣には三つ葉の松
b0101300_1411031.jpg

知らなかったけど
諏訪大社、面白い。


大社見学も後半
社殿の背中を回り込んで表のほうをみると
狛犬の背中が目に入る
雨の日も風の日もじっとしている
b0101300_1432689.jpg

忠犬だなぁ


一周して車に戻った

結局答えは見つからなかったが
訳もなく納得した気持ちと
湖のそばも案外いいな、
と新しい考え方を得られた諏訪湖の小旅だった
b0101300_14294452.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2012-09-11 13:19 | いってきました。