森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冬のあしあと

ついこの間まで
見渡す景色の八割を雪が白く塗りつぶしていたのに
 ”啓蟄” の声を聞いた途端
あんなに頑固に凍てついていた雪が、人が変わったように
ずぶずぶと溶け出している。

久しぶりに現れたお店の横の芝生は
霜柱に10センチ程も浮き上がらされてしまって
この冬の寒さを物語る。
(この段差、きれいに戻せるだろうか・・・) 

浮き上がった段差からその中を覗くと
霜柱がひざを抱えるようにこちらを伺っていた。

そぉっとしていないと、今すぐにでも消え入ってしまうことを
知っているようだった。
[PR]
by lavvoronte | 2008-03-12 20:32 | 軽井沢のようす