「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

きのうの夜

いつもなら闇に溶け込んで寝ているような空が、
きのうは月があまりにも明るいから、
その背後から照らし出されて少し緊張しているようだった。

雨上がりの空にいる月は水面に映っているようにつやつやとみずみずしい。
大きな月と数個の星を、高い落葉松の枝越しに見ていると
キャンプをした夜のように特別な感じがした。
b0101300_1474922.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2007-06-30 14:54 | 軽井沢のようす

生育日記.2

b0101300_1513626.jpg

降ったり止んだりだけど 久しぶりの雨。

太陽が顔を出せば、ここのところの軽井沢には珍しく蒸し暑く
サーッと音を立ててあめがふれば、それに呼応するかのように風が吹く。


事情があって、テラス脇の芝生を剥いでいる。

その半分を剥ぎ終わらないうちに、もう剥いだところに、芝生がひよひよと伸びだしている。

「まだか、まだか」と待っている二十日大根は、なかなか成長しないのに、
待っていないものの成長は、こうも早いのか。




b0101300_1526730.jpg







シンボルツリーのブルーベリーは順調な成長を見せている。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-29 15:34 | 軽井沢のようす

夏の釣り糸

b0101300_16414723.jpg

どくだみが咲き出した。
これが咲き出すとそろそろ夏が来るな、と思う。
しばらくは、これがアプローチの脇を賑わしてくれる。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-27 16:44 | 軽井沢のようす
いつも、ブログをご覧くださっているみなさま、ありがとうございます。
このごろ、ホームページの方を自分でいじれるようになって、そちらにかなり、エネルギーがとられております。それですから、ブログの更新がゆっくりペースになっております。それですから、ホームページの方もいろんなページを開いてみてください。


              目を大きく開けてね。
b0101300_20242237.jpg
                        あっかんべえー


ホームページを立ち上げるに至りまして、たくさんのご奉仕と愛情を注いでくださいました、枝ご夫妻に心より感謝申し上げます!!そして、いつも電子技術につきましてサポートいただいております加藤さん、この場を借りてお礼申し上げます!
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-25 20:31 | お店のようす

ZEN

朝 店の前を掃く。
粗いアスファルトの溝に落ち込んだ砂や松の葉を掃く。
一心に掃く。
掃く、掃く、掃く。
この作業が終わる頃には、CD1枚がとっくに鳴り止んでいる。

b0101300_12135634.jpg

なんだか、禅の修行な日々だ。
お客様を待つ。焦らず待つ。
外を黙々と掃く。

それらの時間を耐える。
続ける。

禅 : 精神を統一して真理を徹見する。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-22 12:19 | ぶつぶつ・・・

小瀬温泉

軽井沢の国立公園内に、小瀬温泉 軽井沢パークホテル という
老舗の湯宿がある。
私の記憶に、4つか5つの頃にそこで見たある風景が、強烈に焼きついている。
同じ幼稚園の友達のお父さんがそこで働いていたため、その日はちょうどお友達もそこに居合わせた。私は、大人の緩慢な食事時間に耐えかね一人室を出て、そのお友達と階段のちょっと上の方に並んで腰を掛け、正面にある厨房をじーっと眺めていた。
なんて事のない記憶。
でも、なんだかこれが忘れられずにいた。

大人になって再び訪ねたとき、私はこの風景に逢えるのを楽しみにしていた。
けれど、なぜかその風景が見当たらない。
他は何一つ変わっていないのに、それだけなかった。
幼い頃の私の記憶はどこで摩り替わってしまったのか。
幼い頃の私の存在自身もにわかに否定されたようで、さびしかった。

つい先日、家族でまたこちらにお世話になった。
小さい甥っ子の手を引いて階段を降りようとしたとき、あの風景が呼び戻された。
ここだったのか。
薄れ掛けている小さい頃の記憶が確かだったことに、自分の存在を確認したような思いだった。
b0101300_1735456.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2007-06-17 17:04 | 軽井沢のようす

生育日記

b0101300_17112580.jpg

妹が、パセリとミニトマトと二十日大根の種を同時に蒔いた。
雨が降って、夜が来て
お日様があたって、夜が来て
気が付くと、二十日大根の双葉が顔を出していた。


b0101300_17241950.jpg

そろそろ咲くかなぁ、、、と思っていたさつきの花が
気が付くともう一輪だけになっていた。

気が付かなかったということは、
陽光を、溢れさせるように反射させていた去年ほどには花がつかなかったのか、
ただ、気が付かなかったのか。

一輪だけ残ったさつきは、青みがかった白い花びらに、赤紫の斑が入って美しい。





梅雨入りというから、気が鬱蒼としないよう、心構えをしていたのに
今日は、とても心地よい陽が降り注ぐ。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-15 17:31 | 軽井沢のようす

雨の日

梅雨入り。
冬があけてから春らしいポカポカさを経ることなく入梅。
b0101300_17201733.jpg


だんだん濃くなっていた緑が今日は雨にぬれて黒々としている。

しっかりとした降りにもかかわらず、何組かお客様が尋ねてくださいました。
ありがとうございます。

してその半分はお友達。
雨に包まれた店内でたっぷりとおしゃべりを楽しみました。
そして、たくさん情報を収穫しました。


おかげで退屈な雨の日となるはずが、あっという間に閉店の時間。
b0101300_17194052.jpg

ありがとうございました。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-14 17:36 | 軽井沢のようす

おでかけ

上田市の山の方へお客様を案内してまいりました。
こちらの畑で採れた野菜を使ったおしゃれなお昼をいただいてまいりました。
b0101300_1732198.jpg




こちらは、数年前からブドウを栽培してそのブドウからワインを作っています。
b0101300_17324639.jpg

ブドウ畑です。
こちらでは日本で一般に行われている棚田方式ではなく、剪定をして高さを出さずに地面に近いところで育てます。この木で、7年目です。
b0101300_17334861.jpg

ブドウの芽がついています。これから花が咲いて実が生ります。


b0101300_17341069.jpg

そんなわけで、いろいろお留守になってしまいました。
[PR]
by lavvoronte | 2007-06-11 17:31 | いってきました。

峠道

b0101300_1782255.jpg
あるイベントに参加するために松本へ出かけました。

松本へ行くには途中、三才山の峠を越えて行きます。
今回はこの峠道がとてもドラマチックでした。
 その日は、新緑と呼べる時期のしっぽの方で、太陽がまぶしい最高のドライブ日和でした。
峠の料金所を過ぎてすぐのトンネルを抜けるほんの一瞬、半円形に穿たれた出口が、新緑一色に、正面の山に塞がれます。その一瞬は、空の青も見えず本当に山にふさがれた!という印象を受けます。そして、トンネルを抜け出すと視界は一気に開け、「深い深い谷あいにかかる空中の橋」というダイナミックな景色に転換し、車はトンネルを塞いでいた山の懐へと導かれます。

何度も通ったことのある道でしたが、お天気と季節のタイミングによってとても強く印象付けられました。
b0101300_1718564.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2007-06-09 17:19 | いってきました。