森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0101300_1621779.jpg

 西田朗子さんの、手提げを紹介します。

 表地は、あま目に織られた麻布で、少し艶のある飴色をしており、しっかり縒られたその麻糸の風合いが、とてもよく生かされています。
 裏地は、紬のようなさっぱりとした綿布を使い、持ち手には、アンティーク家具を想わせる色をした木が選ばれ、それぞれが互いを引き立て合っています。
 全体の印象は、シンプルながら、素材の持つ勢いを感じさせるデザインに、仕上がっています。

 大きさ:縦27㌢、横35㌢、襠5㌢、A4サイズの書類が入ります。
 値段:¥7,980
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-28 16:21 | 織・布もの
b0101300_15345269.jpg

 今日は、軽井沢らしく霧が立ち込め、葉の緑が霧に溶け出しているかのようです。
 アクセサリーデザイナー「工房EMI」の作品を、紹介します。シルバーの細い角棒で作った立方体を組合せ、その中に、紫水晶が入れ込まれています。
 長さ 7.5cm
 ¥15,750
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-27 15:34 | アクセサリー
b0101300_15383142.jpg

 小さい壷の形をした、粉引きの”お箸置き”です。
 粉引きの作品を主に作られている、青木智恵子さんの手によるものです。実際に水が入り、花を活けながら、食卓を彩れます。今日は、庭に咲いていた小さい薄紫色のスミレを挿してみました。一つ、525円
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-24 15:38 | 陶器もの
b0101300_15162720.jpg

 ここ2、3日の軽井沢は、暖かく穏やかで、木々の若々しい緑に包まれています。
 この気持ちの良さと、同じくらいの”すがすがしさ”を与えてくれるのが、清水富美さんの染め付けの器です。
 彼女の手から生み出される器一つ一つに、彼女の想いが、繊細な筆使いによって丁寧に映し出されています。
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-22 15:16 | 陶器もの
b0101300_2052515.jpg

ガラス作家、木村明さんの作品が届きました。
 しっとりとした質感と、澄み切ったそのガラスは、初夏のような爽やかな輝きを放ちます。
 木村さんの作品は、厚みがあるのが特徴で、どっしりとして座りが良く、その全体から、穏やかさと暖かなオーラを発します。
 木村さんのガラスを通すと、いつもの太陽の光りも数倍輝きが増して感じられます。
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-21 20:52 | ガラスもの

オープン

b0101300_15204919.jpg

こんにちは。
皆さんに、お尻をたたかれて、やっとブログデビュー致しました。お店共々、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by lavvoronte | 2006-05-18 15:20 | お店のようす