森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:ぶつぶつ・・・( 91 )

いきさつ

「簡単だから、すぐ始めなさい
今日、やりなさいね」
b0101300_17255621.jpg
とある建築家からこう、お尻を叩かれてこのブログが始まった。その方が、久方ぶりにお見えになった。相変わらず大きいバイクで。
いつも、お話が尽きず、
いつも、たくさん情報を仕入れさせていただく。



この方に逢うと、
先述のブログ開設のいきさつを思い出す。
[PR]
by lavvoronte | 2009-08-07 17:33 | ぶつぶつ・・・

生まれてくる力

b0101300_18135436.jpg

店の前の道路に、直径15cmくらいの木が崩れ落ちていた。
全体が苔に覆われていて、多分、紅葉の木だろうから
15cmとはいえ、それなりの樹齢と思われた。
しかし、道路に叩きつけられ、脆く何箇所も折れていた。


今年の開店時に戴いたお花を、大事に大事に世話をしていたら
根が生えてきた。

カフェで使おうかな?と思っていたハーブを
活けてみたらかわいいのでそのままにしておいたら
赤ちゃんの葉が出てきた。
b0101300_18164758.jpg




















    生まれてくることにも力が要るんだね
   
                                   命のパワーって、たくましい。
[PR]
by lavvoronte | 2009-08-03 18:22 | ぶつぶつ・・・

持続 と 変化

b0101300_14134598.jpg

いい言葉だ。
人生そのものだ。
[PR]
by lavvoronte | 2009-07-18 14:31 | ぶつぶつ・・・

ちょ~だい

お願いだから。
b0101300_16213565.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2009-06-27 19:29 | ぶつぶつ・・・

無心

b0101300_17135789.jpg

あまり見かけない鳥がひらっと舞い降りて
豆の抜け毛を口にくわえて
とことこと 考え事をしているように歩いている
口にくわえられる程度しか運べない。
くわえられただけ巣に持ち帰る。
居心地が良くなるまで
一体何回繰り返すのだろう
[PR]
by lavvoronte | 2009-06-25 17:18 | ぶつぶつ・・・

ここで一句

日差しよけ  咲く青紫陽花  季(とき)を告げ
b0101300_12513871.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2009-06-24 12:53 | ぶつぶつ・・・

循環

b0101300_12404644.jpg

ゆうべふとんに入るころ
一日降っていた雨足が強まった
音量を一段階ずつ上げるように
区切りをつけて一歩ずつ近づいてきた
そして、「ねぇねぇ」と肩を叩かれているように
すぐそばに感じるまで雨音は高まった
こんなに水浸しになったら
何かが溶け出して崩れてしまいそうだ
と不安がよぎる。

なめらかな牛の背から立つ湯気のように
緑の皮膚を被った穏やかな山並みから立ち昇る水蒸気
つかめない実体
これが、なぜ集合体になるのだろう
なぜ集まりたがるのか
居心地のいいスポットが存在するのか。

循環
めぐる、くりかえす
地球は回る
[PR]
by lavvoronte | 2009-06-23 12:38 | ぶつぶつ・・・

夏至

b0101300_17513546.jpg

深緑の
長く味わう夏至の日に
初めて母が
携帯をもつ。
[PR]
by lavvoronte | 2009-06-21 18:02 | ぶつぶつ・・・

ぶつぶつ…

この冬は、暖かくて冬らしくなく
春も急いでやってきたのに
ここへ来て、暖かくならない。さむい。
だったら、冬にうちにちゃんと寒くいてくれたらいいのに。
6月の半ばだというのに、今日なんてタートルを着ている。
きっと、7月の中旬までこんな感じで、ぐずぐず駄々をこね、
8月に花火のようにパッと暑くなったかと思ったのも束の間、
印象も残らないまま、お盆を過ぎるともう秋風だ。
(なんだか、最近、先を読みすぎている…)
要するに、
この時期着る物がなくて、困るのだ!
以上。
[PR]
by lavvoronte | 2009-06-18 19:47 | ぶつぶつ・・・

6月

小さい頃
無類のピンク好きで、身の回りを
全てピンクで染めたかった。
それは、食べ物も同じで
ピンク色の美しい「でんぶ」は、
食卓からはずせなかった。

5月
軽井沢は、花に溢れている。
なかでもつつじは、そこここでよく見かけ
おなじみである。

今日、
6月を迎えた。
日が延びて、17時を過ぎても薄明るい。

湿潤の
青々としたトンネルの小路
目の高さよりちょっと上に
際立ったピンクがかたまっているポイントがある
が、今日はピンクが散っていた。
地面に振り撒かれたつつじ。

なつかしい「でんぶ」を思い起こさせた。
[PR]
by lavvoronte | 2009-06-01 16:21 | ぶつぶつ・・・