森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:ぶつぶつ・・・( 91 )

衣替え

冬は寒いのでたっぷりの毛皮で寒気をガード
b0101300_14432587.jpg

春になってようやく身軽になりました。
b0101300_14433389.jpg

やっぱり太ったように感じたのは毛皮のせいではありませんでした。。。。
[PR]
by lavvoronte | 2010-05-10 14:46 | ぶつぶつ・・・

こどもの日

b0101300_16271511.jpg

心地よい暑さが皮膚を刺激する日
くっきり晴れた空にこいのぼりが気持ち良さそうに泳いでいます。
昨日までの騒ぎはまるでどこへやら、
程好く穏やかな日和です。
[PR]
by lavvoronte | 2010-05-05 11:20 | ぶつぶつ・・・

ふるさと

b0101300_18125279.jpg

ふるさとに山を持つ
なんて幸せなことなんだろう。
年明けに集った席でこんなことを言われた。
私も常日頃それを想っていたから
同じ情緒を持つ人が同じ町を愛してくれていることは
とてもうれしかった。

写真は富士山
日本の象徴
堂々とした均整の取れた左右の稜線
日本人の誇り
その美しさもさることながら
変らないその姿に感動する

ただ眺めるだけで
純粋に「ふるさと」を
振り返らせてくれる
[PR]
by lavvoronte | 2010-01-21 18:29 | ぶつぶつ・・・

何日か前に・・・

「十五夜 明日だよ。」
b0101300_16524832.jpg

って、教えてもらっていたのに、見逃してしまった。
季節感を味わう風流な日本の風習は、逃さず体験したいのに・・・
しかたない、
食で、季節感を味わうか。


b0101300_16522783.jpg














(*^ー^*)♪
[PR]
by lavvoronte | 2009-10-12 17:00 | ぶつぶつ・・・

ゆきむし

誰に教えられたわけでもないのに、誰もがその名を知っている。
そろそろ冬支度の心配をし始めるころ、ふわふわと宙を浮遊する
その時期とその姿が、その名前を付けさせた。

体の半分以上も背負っている、
綿毛よりも繊細なその白いもの
いったい これは何なのか
どういう役割を果たすものなのか
そして、ゆきむし自体はどういう役割を持たされているのか・・・

間違いないのは、山里に冬を告げに来ている ということ
そして、間違いなく私たちを幸せな気分にしてくれる ということ
[PR]
by lavvoronte | 2009-10-08 16:33 | ぶつぶつ・・・

宇宙遊泳


小雨に磨かれつややいているアスファルトを
丸く照らし出すヘッドライトの枠の中に
真っっっ赤なものが、一際目を引いた。
何か、石油系の人工物のように見えたそれは
実は、季節を先取りした落ち葉だった。

こんなにも、真っ赤に変身する自然物
これも生命力のひとつの過程に過ぎないのに劇的だ。
日々刻々と歩みを止めない時間のような小さい変化
その積み重なり、それが
落ち葉に宿る宇宙大のメッセージとなる
そして、私はツルヤまでの道のり
意識は宇宙まで遊泳していった。
・・・祈願、安全運転。
[PR]
by lavvoronte | 2009-10-03 13:38 | ぶつぶつ・・・

身体の神秘

b0101300_12573963.jpg

折りしも、季節性鼻炎の真っ只中。
鼻をすすりたい思いが無意識に躊躇された。はて?
そうだった。
上唇の内側に大きい口内炎があるんだった。

へー。鼻をすすろうとすると、上唇に力が加わるのかぁ。
考えるより先に体が知っていた。
(早く治らないかなぁぁぁぁ)
[PR]
by lavvoronte | 2009-10-03 13:09 | ぶつぶつ・・・

思い出し笑い

前回、
懐かしい”お茶”のお教室のことを書いて思い出した。
それはこの夏に、むかしお茶を習っていた時の懐かしいお仲間が
揃ってお店を訪ねてくれたときのこと。
念願だったカフェをオープンできたことをお祝いしてくれて、
皆さんがそれぞれお飲み物をご注文くださった。
うちでは、コーヒーなどのお茶には、自家製の
小さいスコーンをお付けしている。普段は銘々にお小皿にのせてお出ししていますが、
大勢様でいらしたので、お小皿の用意が足りず、
ひとつのお皿に盛って「お皿が足りなくて申し訳ありません」といったら、
「あら、大丈夫。」
と、皆さん一斉に懐からお懐紙を出された。
あっぱれ!!
[PR]
by lavvoronte | 2009-09-23 16:52 | ぶつぶつ・・・

おじさんの風格

b0101300_13203042.jpg

いつだったか、
夏のうちに ゴンチチ のコンサートが大賀ホールであった。
お揃いの水玉のネクタイを締めて
舞台の袖からいささか高揚した風に見せながらかしこまって登場。
その作りこまれた演出に笑いが起きる
その登場だけで二人に引き込まれ、ホールの空気が一気に変わる
こんなにふざけたおじさんたちなのに
二人の12本の弦から奏でられる音は、なんてやさしいんだろう。
弾く弦に対してもやさしい
だから音もそおっと鳴る
だから聴衆も息を呑んでそおっと聴く。

みなさん、音が小さくて聴こえないでしょ?それが、いいんです。

おじさん、平気で自分のペース。
「人生も慣れてくると、こんなに楽しめるのかぁ」
貫禄に満ちた二人の呼吸に
人生の先輩としての風格が光る。
[PR]
by lavvoronte | 2009-08-26 13:25 | ぶつぶつ・・・

人間って、

b0101300_19201211.jpg

楽に出来るようになると
物足りなくなるんだなぁ。
ちゃんと
自ら成長を望んでいるんだ・・・
[PR]
by lavvoronte | 2009-08-09 19:22 | ぶつぶつ・・・