森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:お店のようす( 144 )

オープン

b0101300_14402575.jpg

今年は花の咲くのが早いようです。
老木の辛夷も、去年、屋根の上から地上に降ろしてもらった山桜も
力一杯咲いています。

ラ・ボロンテ オープンは
4月24日です。

今年もよろしくお願いします!
[PR]
by lavvoronte | 2015-04-23 14:38 | お店のようす

営業と休業のお知らせ

b0101300_12123814.jpg
火曜日を定休日とさせて頂いておりますが
23日 火曜日は営業いたします。
10月1日 水曜日は振替休業とさせていただきます。
(9月30日、10月1日 連休)

よろしくおねがいいたします。


[PR]
by lavvoronte | 2014-09-22 12:15 | お店のようす

2014 3rd SUPPER lunch

9月9日(火曜日)、奇数月の第二火曜日。
サパの日です。

日本の各地で大雨による被害が発生しています。(お見舞い申し上げます)
そんな中、軽井沢は今のところ災害も発生せずに過ごせています。(感謝です)
今日も、穏やかなお天気です。

3rdサパランチのメインはジューシービーフバーガーです。
b0101300_15101292.jpg
サイドに
b0101300_15124656.jpg
ラタトゥユ、
b0101300_15123815.jpg
ポテトサラダ、
冷蔵庫の中にサーモンマリネ
そして、
b0101300_15122621.jpg
トウモロコシのスープ
(なぜかシェフは「コーンスープ」とは言わなかった。なぜか?)

お皿に小さいおかずが並びました。
手前のトマトスライスのその上の人参サラダはエゴマバンズに挟まれます。
b0101300_15105700.jpg
評判の特製エゴマバンズに粒マスタード、アボカド。
これからずんずん積み上がります!
b0101300_15112402.jpg
ほらね。
サニーレタスにスライストマトと人参サラダ、
そして、
b0101300_15114169.jpg
メインのジューシービーフバーグ。
b0101300_15120024.jpg
トウモロコシスープ、メニューにないパテも乗って
バーガーをぷすっと一串刺して
b0101300_15121539.jpg
完成です。
バーガー特集SUPPER、3rd lunchは
ジューシービーフバーガーーー!

シメにはデザートもご用意しました。
こちらもエゴマのブランマンジェです。
b0101300_15125475.jpg
(別料金です)

次回は、11月11日(火)。覚えやすいですね。
メニューは、ジビエバーガーです。
今度は、お天道さんの高いうちからワインが欲しくなる予報です。




[PR]
by lavvoronte | 2014-09-12 15:28 | お店のようす

2014 2nd SUPPER dinner

サパディナーの開始時刻が近付いてきました。
ところが、日が傾く以上に空は暗く重くなり、梅雨の最中の奇跡的な晴れとなった昼がやはり嘘だっかのように遠くで雷鳴が空気を震わせ、とうとう大粒の雨が地面をたたきつけだしました。店の前はたちまち水位が上がり、道路は川へと変容します。

こんな最悪の中、顔見知りのお客様、レギュラーとなったお客様、初めてのこの会を楽しみにして下さったお客様が続々とお集まりくださいます。

ワイングラスが到着すると、みなさま手慣れた手つきでセッティングをお手伝い下さいます。
b0101300_10183217.jpg
さて、はじまりました。
レジュメが配られ、筆記用具片手に小山氏のお話に真摯に耳を傾けられます。
b0101300_10183954.jpg
その間にシェフは前菜の準備です。
b0101300_10194748.jpg
シャルドネを特集した今回のお料理は、まず前菜 三種盛り合わせ
フォアグラのテリーヌ、
稚鮎のエスカベッシュ、
人参ムース・あやめ蕪とカニのタルタル・オマールエビのジュレ
b0101300_10195849.jpg
シャルドネを3種類ご用意いただいた中、今回は2本が小山氏の手によるrue de vinのものでした。

2皿目はお魚。
長崎産 甘鯛とレンズ豆の煮込み
b0101300_10200884.jpg
3皿目のお肉。
鶉のファルシロースト、シャンピニオンと赤ワインのソース
b0101300_10201532.jpg
鶉をローストしている横にいるのは赤いジャガイモ
b0101300_10202765.jpg
b0101300_10203268.jpg
テーブルではワイン談義、ブドウ農業談義に花が咲いているころ、厨房は定員をゆうに超えたお客様分のお皿の用意に神経を張っています。
b0101300_10203911.jpg
さて、お料理は一段落。ここからはお食後のお飲物を用意する私の番です。
マシーンが入れてくれるのでなんてことないのですが、なぜか気が張ります。
そんな私をよそに、最後のデザート
グラスデザート(ヴェリーヌ)
 グレープフルーツのジュレ
 フロマージュブランのムース
 ルバーブとブルーベリーのコンフィ
 クレームブリュレ
は、冷たく冷やされたグラスの中で涼しい顔をしています。

b0101300_10204953.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2014-07-28 11:23 | お店のようす

2014 2nd SUPPER lunch

b0101300_14442900.jpg

開催者と言うのはお天気を気にするもので、毎回雨が降らない事を願います。
とはいえ、我々主催者の中では「サパの日は晴れ」というジンクスと自信を持ち始めています。
そして案の定、今回もお天気です。 ね。

昨年の出会いにより、雑穀に興味を持ったシェフ
今年のランチのテーマは雑穀バンズバーガーです
b0101300_15310805.jpg
溢れんばかりの光が窓から差し込みます。
b0101300_15311850.jpg
2ndサパランチのメインは、白ホタル(軽井沢町発地の豆腐屋)の おからバーグ
b0101300_15313085.jpg
b0101300_15313940.jpg
付け合わせは、ポテトサラダ、人参マリネサラダ、一口エスカベッシュ
b0101300_15314551.jpg
b0101300_15315309.jpg
b0101300_15320422.jpg
北あかりのポタージュも付いて
b0101300_15322842.jpg
さあ、めしあがれ!



[PR]
by lavvoronte | 2014-07-13 15:47 | お店のようす
冬が立ち去り、春は、軽井沢へじわりじわりと浸透します。
カイドウが咲いて、芍薬が咲いて、つつじが咲いて、今
野バラが咲きました。
b0101300_11221097.jpg
b0101300_11222786.jpg
b0101300_11223874.jpg

b0101300_11224955.jpg



小さくて、とても可憐です。
梅雨の居ぬ間の至福のひとときを野バラと共にお過ごしください。

[PR]
by lavvoronte | 2014-06-16 11:30 | お店のようす

ルピナス

b0101300_17020239.jpg
春先、カインズホームへ行ったら店頭にピンクと紫のルピナスがきれいに咲いていました。
それを見て、「そうだ、私ルピナスとても好きだったんだ。」と思い出し、連れて帰ってきました。
そして、しばらくきれいに咲いてくれて、私の心を楽しませてくれていました。
時期が終わり、お花がつかなくなりました。
お店の人に「多年草ですか?」と聞くと「一年草です」と言われたので、そろそろ見納めかなぁ、
と諦めかけていた時、気がつけば、近所にルピナスが地植えでたくさん咲いていた。
うちのも地植えにしたら来年も咲くかな?
とダメ元で植えました。
来年咲くでしょうか・・・



[PR]
by lavvoronte | 2014-06-15 17:08 | お店のようす
b0101300_17150501.jpg

満月を思わせるほどの、月の明るい夜でした。

b0101300_17152300.jpg
今年も東御市の醸造家 小山英明氏と共に、お集まりのお客様と作り出す「美味しい座談会」の、はじまりです。

今夜は、ソーヴィニヨン・ブラン特集。
3種類のソーヴィニヨン・ブランを飲み比べ。
b0101300_17155918.jpg
b0101300_17215729.jpg
なんということでしょう。大事な小山さんのボトルを撮り忘れました。
こちらでご参照ください→Rue de Vin
b0101300_17222732.jpg
ワインの特徴
「ソーヴィニヨン・ブラン」は、同じくフランスを代表する高級白ワイン品種の「シャルドネ」と比較して、香りや味わいに明確な特徴があり、如何にその特徴を表現できているかが常に問われる品種です。その特徴とは、白ワイン全般的にある柑橘系の香りの中から比較的冷涼な地域で現れやすいレモンやライム、青リンゴの香りから温暖な地域ではグレープフルーツやパッションフルーツの香りまで、と爽やかさを連想させるものです。また、ハーブや青い野菜の香りなども特徴的で、栽培地域や醸造方法、熟成などによっては火打石やじゃ香などの香りも現れる事もあります。全般的に冷涼な環境で栽培されるソーヴィニヨン・ブランからは上質な酸味と爽やかな柑橘の香りが現れ、このようなワインが好まれる傾向にあります。

と、毎回小山氏が用意して下さるレジュメより参照致しました。
b0101300_17231466.jpg
b0101300_11150288.jpg
料理との相性
一般的に柑橘や青くフレッシュな食材との相性が良いです。
鯛や平目などの身の白い魚、イカやタコなど、貝類などとの相性は良く、これら柑橘の香りは酢橘、カボス、柚子などを使う料理との相性が良いのも言うまでもありません。また、青いハーブの香りからはワサビ、すなわち寿司との相性も良いと思われます。マリネやカルパッチョは勿論、意外にも日本料理の中にも相性の良いものが見つけられます。(レジュメより)


さて、それでは前田氏によるワインを美味しくする絶品お料理です。

まず一皿目は、
アミューズ、フォアグラのテリーヌとキャロットラぺ
b0101300_11150936.jpg
2皿目は、
前菜、イサキのカルパッチョと野菜のマリネ ギリシャ風
b0101300_11151696.jpg
b0101300_11152472.jpg
3皿目は、
魚料理、春子(カスゴ)鯛のポワレ 浅蜊のジュー
b0101300_11153367.jpg
b0101300_11154033.jpg
b0101300_11154828.jpg
b0101300_11160090.jpg
4皿目は、
肉料理、アンガス牛(米産)のポワレ 粒マスタードソース
b0101300_11161376.jpg
b0101300_11162458.jpg
b0101300_11163287.jpg
b0101300_11164002.jpg

最後は、ガトーショコラで締めます。
b0101300_11165279.jpg
ワイン3杯と5皿のお料理。
これで6,500円ポッキリ!なんてどこかのtvコマーシャルの様でいけませんが、改めて振り返ると、驚きです。
さらに今回は特別にオマケワインが付きました。日本人がフランスで造っている邦子という赤ワイン。



美味しい料理はワインを進ませ、ワインは楽しいおしゃべりに花を咲かせます。
ということは、小山氏も前田氏も はなさかじいさん です。
現代版はなさかじいさん達は次回はどんな花を咲かせてくれるのでしょうか。


[PR]
by lavvoronte | 2014-05-21 13:18 | お店のようす
b0101300_16002255.jpg
ちょっと風は強いけれど、空気がまあるくやわらかい、とても過ごしやすい日となりました。 
案外、外で過ごせる日の少ない軽井沢にとっては恵まれた一日です。

シェフは昨年、雑穀を取り扱っていらっしゃる方とお知り合いになりました。
そして今年はシェフ自身も雑穀を取り入れてみようとテーマを持ち、それをsupperにも活かしていただけることになり、今年のサパランチはエゴマを使ったバンズのバーガー特集という事になりました。緑色の器に入っているのがエゴマです。    
b0101300_16011669.jpg
サパ全4回でバーガーの中身をそれぞれ変え、季節感を追ったもので考えてみました。 
春の今回は、信州サーモンのフライです。 
それに組み合わせるのが、
b0101300_16014984.jpg
タルタルソース、 セミドライトマト、人参サラダ、 レモンのコンフィ、アパチャファームの野菜 です。

こちらのはつらつとした表情のバンズが、エゴマ入りのバンズです。
このバンズはエゴマだけでなく、地元の酒造、佐久の花の酒粕を使って作られています。
b0101300_16025451.jpg
中に挟む具材も前もって準備しておきます。
b0101300_16033021.jpg
切って、バターを塗って温めて、具材を挟んで、ぷすっと串を刺して、出来上がりです。
ちょっと、写真が小さくてごめんなさい。
b0101300_16035335.jpg
小さいスープ(ミネストローネ)、ポテトサラダ、色どり野菜のピクルス、パテ、お食後のコーヒーがついて
b0101300_16041506.jpg
¥1,080 です。 おとくでしょ?
[PR]
by lavvoronte | 2014-05-15 16:25 | お店のようす

遅ればせながら・・・

OPENのごあいさつをもうしあげます。
b0101300_13571953.jpg

大雪の冬を乗り越え、4月25日、今年も無事開店する事が出来ました。

みな様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by lavvoronte | 2014-05-08 14:01 | お店のようす