森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

カテゴリ:木のもの( 4 )

b0101300_15292650.jpg
木工の武井順一さんのスプーンたち。

先日、武井さんと鍛金の寺山さんの二人展が、
長野県佐久市望月の多津衛民藝館で開催された。
初めて訪れる多津衛民藝館は、噂に聞いてはいたけれど、
ご多分に漏れず本当に辺鄙なところにあった。

出かける際、天気予報で午後から局地的な豪雨の恐れあり、
気を付けてお出かけ下さい。と言っていた。
確かに、往路半分ほど過ぎたあたりで雷が鳴り出した。が、
車は絶縁体だから車中にいれば安心。とその時は思っていた。
しかし、次第に雨の粒が大きくなり、道路の雨量も量が増し、
だんだんに軽自動車の細いタイヤが頼りなくなりだした。
追い打ちをかけるように、ワイパーまでも頼りなくなってくる。
押し返すような雨の強さ、初めての場所。
どこまで押し進んでいいのだろう、と不安を押し返しながら進んでいたら
進みすぎていた。道を伺ったコンビニの方がとても温かくて骨身に染みた。
やっと、軌道を修正して目処がついたころ、
最後にもう一度、坂道、急カーブ、極細幅員。
すごいところに建てるものだ。

普段多津衛民藝館は、小林多津衛さんという望月出身の方の
民芸品のコレクションを展示している。
多津江さんは明治29年生まれ。104歳で生涯を閉じた。
教師を長く務め、その間に柳宗悦さんの民芸運動に深く感化される。
今回は企画展。
寺山さんの打ち出しの銅の器、武井さんの木工作品の数々。
民藝館の古民家の醸し出す重厚感と二人の作品が良く合っていた。

お二人の作品を堪能しているうちに、来たときに抱えていた小さな疲弊は癒えていた。
車に乗り来た道を返すと180度向きの変わった景色は全く違うものだった。
そして私の感想も、「辺鄙なところ」から「選りすぐられた場所」へと変わっていた。
b0101300_15261455.jpg
b0101300_15262439.jpg




[PR]
by lavvoronte | 2014-06-27 13:13 | 木のもの

<gomoku>   皿

b0101300_15385643.jpg

漆皿 (大)¥3,800、(小)¥2,700
後藤 睦

縁の小口の薄さ加減、テーブルに置いた時まるで浮いているようです。
そぎ落とされたデザインに洗練されたセンスを感じます。
[PR]
by lavvoronte | 2011-05-14 15:41 | 木のもの
木工作家の後藤さんを訪ねた
その日ご本人は木材を仕入れに行っていて不在だったので奥さまが対応してくださった。


b0101300_1742485.jpg
工房に入ると沢山の材料となる木材が積み重ねられていた
そして
水につけられている木材が目に入った
あれ、木って乾燥させて暴れを治めるんじゃなかったっけかな
と、思ったがそのままにして仕事の話に入った

しばらくして、ペンを動かす手はそのままに
「これ、水に漬けて出来上がりをわざと歪ませるんです」
と、奥さまが語った

あぁ、そういうことだったんだ
と合点


b0101300_17432084.jpg
「こんな風にもっと変化していくと思います」
と、見せてくれたものが
まだ途中の段階だが左の写真
「一つと同じものがなくて
歪みもいろいろで面白くなるね、って話したんです」私もすごく楽しみです。

実際は後藤さんが主に製作をされているんだと思いますが、奥さまご自身も木工を学ばれていたので、きっと作品を生み出す過程に二人の才能を響き合わせているんだと思います。

本当にセンスが良くて
これからの作品も楽しみです。


b0101300_1744238.jpg
                 後藤さんのHPです ↓
                    gomoku
[PR]
by lavvoronte | 2011-05-08 18:15 | 木のもの
御代田に木工の作家さんがいます
その工房を訪ねました
b0101300_15323828.jpg

b0101300_16111136.jpg
元鉄工所だったこの工場
土間は油まみれ 壁はトタン一枚
そんな状態から一年かけて見事におしゃれに
木工の工房にしたてられました
大から小まで、整理整頓の行き届き具合は見事です


お一人でされているとは思えないほどの機械の充実さ
「これは? あれは?」と何に使う工具なのか質問を重ねていたら実演してくださいました。
あ、  という間の出来事でした。
b0101300_15175375.jpg

「細かいところは、」と工具を持ち替え「これも自分で作るんです」
どこまでも一人で作ります。
機械を据えたコンクリートの足場も自分で型枠を組んでコンクリートを流しました
どこまでもやりました

下の写真は工房の片隅に作られた 鍛冶場
もちろん、コンクリートからつくりました。
かわいい家のような形の炉も
もちろん。
b0101300_15324929.jpg

b0101300_1532495.jpg

この工房の中で一番気に入ったスツール
b0101300_15333399.jpg

お店に置いてます!
[PR]
by lavvoronte | 2011-04-26 14:41 | 木のもの