「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

小瀬温泉

軽井沢の国立公園内に、小瀬温泉 軽井沢パークホテル という
老舗の湯宿がある。
私の記憶に、4つか5つの頃にそこで見たある風景が、強烈に焼きついている。
同じ幼稚園の友達のお父さんがそこで働いていたため、その日はちょうどお友達もそこに居合わせた。私は、大人の緩慢な食事時間に耐えかね一人室を出て、そのお友達と階段のちょっと上の方に並んで腰を掛け、正面にある厨房をじーっと眺めていた。
なんて事のない記憶。
でも、なんだかこれが忘れられずにいた。

大人になって再び訪ねたとき、私はこの風景に逢えるのを楽しみにしていた。
けれど、なぜかその風景が見当たらない。
他は何一つ変わっていないのに、それだけなかった。
幼い頃の私の記憶はどこで摩り替わってしまったのか。
幼い頃の私の存在自身もにわかに否定されたようで、さびしかった。

つい先日、家族でまたこちらにお世話になった。
小さい甥っ子の手を引いて階段を降りようとしたとき、あの風景が呼び戻された。
ここだったのか。
薄れ掛けている小さい頃の記憶が確かだったことに、自分の存在を確認したような思いだった。
b0101300_1735456.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2007-06-17 17:04 | 軽井沢のようす