「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

バルトへの旅 22. ~メインイベント~ (五日目)


帰国して四カ月が過ぎました。
未だ、初めてのバルトの衝撃醒め止まず、どうやらこのまま来年の2度目を迎えそうです。
初めての今回は「様子見」と決め込み、仕入れも本気ではありませんでした。
万が一、火が点いてしまってもいいように大きいスーツケースを
お友達に借りて用意はしておりましたが。

さて、この旅のメインイベントの民芸市はどんな様子なのでしょう。
その前に、ラディソン・ブルの朝食で腹ごしらえ。
b0101300_10480105.jpg
b0101300_10482749.jpg
b0101300_10483407.jpg
北欧らしいデザインの食堂
b0101300_10484160.jpg
b0101300_10484712.jpg
ここも十分満喫して、いざ出陣。
一同バスに乗って民芸市を目指します。
10時到着、早くも周囲は賑わってごった返しています。
b0101300_10485446.jpg
b0101300_10490834.jpg


まずは地図をゲットしよう、と分かれ道を左へ
しかしゲットした地図は不明瞭
仕方がないのでとりあえず歩を進めよう、と歩く歩く。
歩く歩く、が行けども行けども賑わいには辿り着かない、
辺りは落ち着いた静寂に満ちていた。

どうやら道を誤ってしまったようです。
民芸市を開いているこの場所は、ラトビアの歴史民俗資料公園
各時代の住居を再現して展示してあります。
私達のゲットした地図はその分布を示すだけで、民芸市のものではありませんでした。
私達の解釈がそこへたどりついたのはいよいよ間違いに気付いた頃でした。

人気のない公園、貴重な来園者を捕まえ、
なんとか民芸市に行きたい事を伝え正しい方向を教えてもらう事が出来ました。
b0101300_10491404.jpg
民芸市のテントが見えました!
やっと、いざ本番です。
藁で作ったオーナメント、かご、木のバターナイフ、
布で作ったカラフルな鳥と雲のモビール、ラトビアリネンのサッシェ
伝統工芸の手編みミトン、リネンのキッチンタオル
おしゃれなレザークラフト、斬新な紙のピアス
最初のタイムロスで、結構商品が少なくなってしまっていました。
そんな事も勉強です。
そろそろお昼にしようか、という頃合いでやっと民芸市の地図を発見
b0101300_10492043.jpg
地ビールとバーベキュープレートをゲットし空いているテーブルを見つけ友人とひと休み。


さて、もう一巡り。
一巡りどころか3,4周もしたでしょうか。
買うつもりの無かったかご類を5,6個
リュックに詰めている暇もなくぶら下げていたら
友人が大笑い、まるで夜逃げ人の様だと。
もう心残りなく十分廻ったところでフォークロア―コンサート会場へ
ここでまた地ビールをゲットして
はみ出した荷物をきれいにリュックへ詰めながらひと休み
b0101300_10493361.jpg
b0101300_10500508.jpg
b0101300_10495552.jpg
なるほど、ラトビアの民芸市とはこういうものか。
来年の「本気仕入」へ向けて商品の目星がつきました。

最初にわかれた入口へ、再び全員集合
まああ、私の買い物の可愛いこと。
皆の抱えている量は店でも開くのか、といったところ。
この様子では、皆さんも十分に満喫したのでしょう。
ホテルまでの帰りのバスの中、それぞれの戦利品の自慢合戦
とても楽しく過ごしました。



今日も無事にスケジュールを終えました。
一日を閉じる前に夕食を食べに行きます。
当ての無い私達は引率者のナミさん達のお勧めのお店へ行きました。
まああ、ハイセンスなこと!
b0101300_10502830.jpg
b0101300_10503597.jpg
b0101300_10504226.jpg
b0101300_10504976.jpg
b0101300_10505673.jpg
b0101300_10510150.jpg
絶対もう一度来よう、しっかり胸に刻んだ瞬間でした。
すでに、最大容量のスーツケースも準備完了です。











[PR]
by lavvoronte | 2016-10-23 11:53 | いってきました。