「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

バルトへの旅 16. ~ワークショップ in パルヌ~  (三日目)

本日の午後は皆さんお待ちかね、【第二回 ワークショップ】が待っています。

買い物欲を満足させた私達、市内観光はなんだか尻切れトンボでしたが
ワークショップに備え腹ごしらえを、それぞれで済ませます。
私達はみんなと解散したすぐそばのカフェで噴水を見ながら緑の中のランチです。
b0101300_15245972.jpg

b0101300_15251179.jpg
b0101300_15252661.jpg

12:50
解散した場所に再び集合、Maaria "Magdaleena Guild"館へ徒歩で数分移動します。
こちらは一つの建物の中にショップあり、自然派のカフェあり、
そして何人もの作家さんのそれぞれ工房兼ショップが入っています。
一通り建物内を見学後、ワークショップです。エストニア伝統 ブロンズ刺繍か
ニードルワークフェルトの鍋敷きを選びます。

私は原毛を針で土台の生地に刺して押さえつけるニードルワークのフェルトの
鍋敷きを選びました。空調を効かせすぎないエコの国
時間内に仕上げようと汗だくになりながら必死で単純作業を繰り返します。
先生の見本はコントラストの強い原色使いのものでしたが
皆さん作家魂に火がついて、先生のアドバイスはそっちのけ
「これが良いわよ」と差し出される原毛をスルーして
独自の世界観を作り上げました。
NOを言える日本人たち・・・(笑)
何色も使うと作品のまとまりが難しくなります。
そうなると、配色センスの高いkさんにそれぞれアドバイスを乞いました。
ツアー三日目にしてこの結束感。
結局完成には至りませんでしたが、良い経験をさせてもらう事が出来ました。

さあ、次の場所へ移動しなくてはならない時間が迫っています。
初めに見た売店でお尻を叩かれるように急いで買い物を済ませます。

私はここでピアスと色使いが北欧らしいキリンのぬいぐるみを買いました。




  *  *  *  *  *  *  *  *  *
[PR]
by lavvoronte | 2016-07-08 15:53 | いってきました。