「ほっ」と。キャンペーン

森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

徒然草 沖縄編〜9〜

2015年 11月 21日 (4)

受話器から「誰だか分かる?」それは結婚して間もない義姉だった。当時、ハワイを卒業し軽井沢へ戻る大人への道のりのその決断を下した夫婦に与えられたほんのつかの間のアメリカ訪問中の珍しくはある電話だった。「ちょっと待ってね」と言って代わったのは何故か私の同級生のこの旧友だった。確かに名前は彼女のものであり、その声も夫々の道を違えて4、5年経つが変わらない彼女のものだった。しかし繋がり用に思い当がない。私の混乱をしたり顔で喜んでいる二人はしばらくそれを満喫した後ようやく私を混乱から解放した。


彼女は、高校入学当初より胸を膨らませ夢を輝かせ渡米の念を私に語っていて、他に親しい友人がまだ少なかった私は果たされる日は卒業後であって欲しいと密かに願い、だがそれは果たされ、が、当初心配したよりは私が新しい環境に居場所を得るだけの時間が与えられ、同級生達よりも早い巣立ちを祝福できた頃、その変わらなかった思いを高校卒業を一年残して敢行した。
今回渡米後の彼女の様子を聞かなければ私はこの思い出話を表現する際「思いを遂げた」としたはずだった。しかし夢の先には強いられた苦労努力が大きく立ちはだかっていた話を聞いた今では、敢行 という言葉が妥当だった。
[PR]
by lavvoronte | 2016-01-30 20:15 | いってきました。