森の中のちいさなお店 すてきな”ギフト”みつかります


by lavvoronte

<織> 岡田さんのティーコゼー

b0101300_1543649.jpg

取り残されたように、夏に置いて行かれた
あんなに暑くて暑くてちょっとでも涼しいとほっとしていたのに
今となっては涼しすぎて夕方にはフリースを羽織る
飼い犬はやっと涼しくなったことにほっとして
昼間ちょっとでも暖かいと大げさなくらい息を荒くする
ごろ寝から起き上がる時コルクの床に脚をもたつかせるようになった・・・
あらいやだ、歳のせいかしら。
と、さみしさを覚えたが
肉球の間の毛がもさもさと伸びていただけだった

さあ、いよいよ岡田さんの出番です。
夏の喧騒が一段落するといつもそう思います
あのわくわくいそいそした気分が落ち着いて
目に映るものも懐まで沁み入る気がする頃
岡田さんの生み出す豊かな色彩が恋しくなるからです

こちらのほっこらした温かさを伝える抽象画の様なティーコゼー
時をゆっくり楽しむ余裕の出てくる秋
一息つくお共にも温かいものが欲しくなります
「これを被せておくと何時間でも温かいままなのよ」
とは、かわいいニワトリ柄の手織ティーコゼーをお使いの岡田さん
ご本人の談です

芸術の秋、食欲の秋、と欲張りな秋
ふと立ち止まり、じっくりと流れる時を楽しみたいものです

b0101300_1535188.jpg

[PR]
by lavvoronte | 2015-09-03 17:06 | 織・布もの